本日、ライブイベント dis-coverd が吉祥寺であるという話。

  • 2017.10.08 Sunday
  • 12:52

本日、吉祥寺曼荼羅にて

ライブイベント 「dis-covered vol.3〜予期せぬ音楽の贈り物〜」があります。

東京みたらしは、フライヤー・twitterアイコン、twitterヘッダーの

担当として参加させて貰いました。

すでに、アーティストさん達が日々自分が描いたイラストを使ってイベントの宣伝をしてくださっています。

(こんなに人に見られたことがないので、不思議な気持ちです。頭があがりませぬ・・・。ひー。)

kichijoji_cmyk.jpg

dis_2_web.jpg

 

 

 みたらしにとって、イラストの活動で音楽に関わることは、

イラストを始めたときからの目標であり夢であったため、

依頼が来たことがあまりに嬉しかったのを覚えて手が震えたのを覚えています。

 

 フライヤーをきょうへい氏に頼まれたのは4月のこと。

(もう半年経ってしまったのか・・・。はやい・・。)

自分より年上のきょうへいさんを僕が行ってみたいという理由で

失礼にも新宿のクソ安い飲み屋に連いてきてもらって、

照明があたらない席に通されて、打ち合わせをしました(妙な東京感)。

 

 きょうへいさんは知り合って短いながら自分の絵をよく見て下さってて、

その上で話しあってイメージは決めました。

きょうへいさんからの大きなリクエストたった一つだけ。

それは

 

「出演者さんが一つの絵の中にいるような絵になるといいなぁ」ということ。

 

私がやりたかった事とかなり親和性が高かったので大賛成して、

他はかなり自由にやらせていただきました。

pZ3t9NJO.jpg
最初期ラフ。discoverという単語から探索服にしたが、
日常に近い服装の方がいいと言われる。
きょうへい氏にボツを貰ったのはこの一回だけである。
僕も作ってる途中でおかしいとは思っていた 笑

GMJsg1Ti.jpg-large.jpgIicYlFzO.jpg-large.jpg

fNHTJo__.jpg-large.jpg
ラフ案2

 

Uad5zFHa.jpg-large.jpg

影入れ
N4p12Kr9.jpg-large.jpg
色を調整したらラブホ街っぽくなったので、自分でボツにしたバージョン。(笑) 

 

 きょうへいさんから、彼が大好きなピチカート・ファイブというバンドを教えて貰い、

「東京」を強く推すそのバンドにかなり影響を受けました。

フライヤー「恋をしようよ」は、「東京の合唱」という曲の

印象的なフレーズです。

 

 

 

 「dis-covered」という言葉自体の意味するところは、

僕にはよくわかってはいません。知っているのは、

1999年に出た、ムーンライダーズの移籍後に出たアルバムの名前そのままだということ。

「月面讃歌」というゲストプロデュースがたくさん入ったアルバムに対する

オリジナル版のアルバムだということ。

きょうへい氏はSweet Bitter Candyの奥田民生ボーカルバージョンも

かなり好きだということ、ということくらいです。

disとcoveredが切り離されていることから簡単に想像もしましたが、

あまり深く考えてはいませんし、深く訊いてもいません。

多分、こういう表題の意味ってイベントが終わったときに、

その意味が勝手に為されてたり、為されなかったりするんでしょうね。

 

 

 

 

「dis-covered」という単語を聞くと、「探索」「出会って驚く」という訳が

素直に頭に浮かぶと思います。私もそうです。

サブタイトル「予期せぬ音楽の贈り物」とともに、

それらに乗っかる私の感情の方に従って、

フライヤーもその他のイラストも描かせて貰いました。

BrMjYkGa.jpg-large.jpg
アイコン案ラフ。
きょうへい氏から、見つけた驚きが見えるものが良いと言われたので採用。
ラフの方がいい絵(笑)
IQaEJCmI.jpg-large.jpg
アイコン案
この時期に、twitterの仕様が突然丸形の仕様になったため、急遽作成。

 

 

pOau0dAY.jpg-large.jpg

ヘッダー案→採用案

j7iNhHLe.jpg-large.jpg
ヘッダー人物案1
G73I14zr.jpg-large.jpg
ヘッダー人物案2 決定稿

 

 予期せぬ贈り物ってなんでしょう。

予期せぬ素敵な出会いと恋は、自分の足の動かし方で出会えるか変わると思います。

何を急に恥ずかしいことを!って感じですが(笑)ライブに行くことに限った話ではなく

日々の出会いとか、新しい考え方とかに出会える運は、

探しに行った方が当然上がる、と思います。

 

何もしなけりゃ平穏でありがちだし、動いた分だけ辛いことも多いでしょうけど

世の中に数え切れないほどある驚きや、自身にぴったりの素敵な人、

いずれ自身の栄養の源泉になる贈り物のような出会いなんかは

生活の中、自分の動き方で得られるか可能性が変わってくるはずです。

 

 

 だから、わざわざ探しに行くことって、ちょっと面倒なんですが

大事にしたいなぁというのが、ずっと私のテーマでもありますなんです。

なぜなら、私自身笹口騒音さんと西山小雨さんを知ったのも、

元々は学生時代の予期せぬ出会いと、音楽への恋から来るものだったからです。

そして自分でライブハウスに通うようになってのことです。

 

 私が東京のライブハウスに行くようになったのは、

多分2011年の頃。当時大学の軽音楽部に

ふらふら入ったみたらしは、都内でセミプロ活動をしている

先輩のライブに誘われ、下北沢BASEMENT BARに行きました。そのときに対バンしていたのが

当時西山小雨さんが参加していた雨先案内人というバンドです。

下北沢のライブハウスに来たのも初めてでしたし、

小雨さんは世界一楽しそうに歌う人だと思いました。

予期せぬ出会いで、東京の音楽への恋に落ちた日でもありました。

 

 東京西側界隈の音楽に触れて、みたらしはライブを自分で探すようになっていきました。

THEラブ人間というバンドが好きになり、たくさんのバンドが出演する

サーキット型のイベントに参加するようにもなりました。

youtubeで参加バンドを簡単に予習している最中、

名前の一覧には、笹口騒音ハーモニカという名前。

やたらにうるさい名前だな、と思いながら(笑)、関連の曲を聴きました。

笹口さんの率いる、うみのて というバンドの「恋に至る病」という曲を初めてこの時に聴きます。

 

飛んで行けそうな、ノイズも心地よく自由なギターを弾くバンドだと思いました。

相当に衝撃的だったのですが、

そのライブにはうみのては出ていなかったため、

実際に笹口さんを生で聴くのはもっと後になります。

でも、そのあと本当はどんな演奏をしてくれるんだろう、と

自分で探しに行って、やはりすごいバンドだった って思ってるんです。

 

 

笹口さんのいるうみのて。と西山さんのいる雨先案内人。この二バンドが

東京の西側を中心に活動してるもんだから、

ここに来ればなんか面白いことがありそうだ、と

みたらしも東京に移り住むことになります。

よくあるパターンです、東京に過度な憧れを抱くことなんて・・・。

きょうへいさんと関われるような絵を描けるようになったのも、

移り住んだからですし、そもそも笹口さんや小雨さんの影響があってのことです。

自分は行動力が本当にないので、このエネルギーの源泉は

間違いなく、予期せぬ音楽の贈り物でした。

おのぼりさんそのままで動いたことも、

何一つ無駄なんて無く繋がっていると感じさせてくれます。

 

※笹口さん、西山小雨さん、雨先案内人のボーカルの晴太郎さんは後に、

笹口騒音オーケストラに参加しています。

 

その笹口さんも、小雨さんも、今日のdis-coveredには出るんです。

自分がそのイベントに関わってることが不思議でなりませんし、

エモくならないはずがありません(一度エモいと言ってみたかった 笑)

自分が好きな人達のライブを、来場する人たちにも観て貰いたい、その一心です。

 

 そして、that’s all folksさん、佐藤歩さん、カタカナさん、DJましまさんの方々は

初めてライブを拝見します。

私が6年前、初めて先輩に連れられて下北沢のライブハウスに行った時と同じ。

ライブに連れて行った大学の先輩に代わり、今度はきょうへいさんが

新しい音楽との出会いをさせてくれる場所に

連れてきてくれたんだと思って居ます。 

 

that's all folksさんの音楽は黄昏の中ぼーっと街を眺めてるみたいなイメージがあります。

 

色々聴きましたが、good night が特に、暗闇から外を眺めるように

静かな気持になれて好きです。

 

タコシェはきょうへい氏も推していた。自意識だけがあがっていく、ってすごく考えてしまう。

やるかなー。

 

あと、ライブハウスでDJを聴くというのは、自分は実は初めてかもしれません。

 

 ライブハウスに来るときは、いつも予期せぬ出会いを探しています。

今日来るあなたも私も、わかりませんよ、好きになるかなんて。

でも探しにいけば、予期せぬ音楽に出会うし、

恋が始まる可能性がある。

結局探しに行く僕ら次第なのでしょう。

だからきっと、ちょっとの手間をかけて、

探し続けた方がいいんだと思います。

 

 

 ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

東京は夜の7時。吉祥寺南口の曼荼羅にて。

きょうへい氏がのせてくれた宇宙船にのって、

僕も今日のイベントでいつも以上わくわくして

音楽の出会いと贈り物と恋を探しにいきます。

 

東京みたらし。

 

「dis-covered Vol.3」 10月8日(日)吉祥寺曼荼羅

開演:19時 前売2500円 当日3000円(いずれも+1D)

出演

カタカナ

笹口騒音?

that's all folks

佐藤歩

西山小雨

DJ ましま

 

※急に行きたくなった方へ。ギリギリまで取り置きしてるので、声かけてください。

連絡間に合わなくても、「西山小雨さんを見に来ました」と言えば、前売り料金で入れるとのことです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イラスト

JUGEMテーマ:音楽

関西コミティア51に出たという話(1)大阪市神徳湯

  • 2017.10.02 Monday
  • 18:23

JUGEMテーマ:イラスト

 

 10/1日曜日。大阪は天満橋のOMMビルで、関西コミティア51に出展してきました。

23:30頃発の夜行バスに乗って、揺られ揺られて6時間、大阪に到着。

サークル入場時間は9:45から。だいぶ時間があります。

夜行バスで地方コミティアに参加する人は、この時間どう過ごしているんだろうか。
バスタ新宿バスタ新宿。

いつも、このちょっと疲れた雰囲気が嫌いじゃない。
 

 

 

 地方コミティアに行くとき、習慣的に決めていることがあります。

コミティアが開催されるのは、だいたい日曜日。ということは、

それは日曜朝風呂営業している銭湯に入れるということです。

この銭湯に入りたいという願望はいつからあるのか自分でもよく覚えてませんが、

東京の銭湯と違うところ、そんなに変わらないところ、

地元の人が集まっているところをちょっとづつ楽しむのが好きなようです。


いい湯なび いい湯なび愛用アプリ、いい湯なびで大阪市の銭湯を検索。

(全国の銭湯を検索できる!!)

地図で表示すると、大阪市だけでこんなに銭湯が。

大阪は昔から商人の街なので、

銭湯も数が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回狙った風呂屋はこちら。地下鉄谷町線・千林大宮駅からすぐの

神徳温泉。

 

千林大宮駅前
この他にも、朝風呂をやってる
ところだけでも
二軒、銭湯が見つかる。
今度の関西ティアで
困らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千林大宮駅でも、ありふれた他の駅のように、商店街があるようです。

千林大宮 商店街
南側。
朝7時、さすがにどこもまだ営業していない。
千林大宮 商店街2
北口側を望む。

 

 

 

 

 

 

歩くこと5分程度でつきました。21世紀の銭湯と謳っています。・・・21世紀??

21世紀21世紀

 

35
ロッカーなんかの番号を決めるとき、癖のように、いつも35番の数字のものを狙います。
いつからこの数字が好きなのかはわからないけど、
多分言葉に出したときの響きが好きなんだと思う。
今日は空いていたので、いい日。

 

 

いやんーー超当たりじゃないですかーもうーー!!

神徳湯中2神徳湯中1

 

浴場はとても広く、使い安かったです。

この銭湯の特徴は、お湯の種類がとても多いこと。

基本の気泡湯に塩欲、エステバス、打たせ湯などいろいろあるのですが、

薬湯が良かったことと、男女ともに露天がついていることが良いと思いました。

 

 使ってる水が全て軟水だからでしょう(これはかなり推されていた)、

入り心地がなめらかで、カルキ臭くもなくかなりリラックスして入れました。

これが硬水だと、たしかに入ったときの抵抗がちょっとあるとおもいます。

(それが好きな人も当然いるでしょうけど。)

 

 一時間半くらい居座り、そろそろ移動することに。

その近所に○○するのがちょうどいい場所は、そこの現地の人に訊くのが一番です。

番台の女将さんに、近所で朝食を食べられる場所があるかどうか訊く。

同じ商店街の通りをちょっと進んだところに、モーニングが食べられる喫茶店があるとのことです。

cafe & bar Yahruu (沖縄アイテムのセレクトショップも兼ねているらしい?)

 

cafe bar Yahuruucafe bar Yahuruu2

 

朝食セットはどれも安くて(230〜)、お得感があった。

そのなかでもちょい高めのピザトーストセットを選択。贅沢ね〜〜。

 

cafe bar Yahuruu3

 

 

 店員の方々はとてもきさくで、僕がでかいスーツケースひいてるの見て、

「これからどこ行くんですかー?」なんて話しかけてくれたりした。

イラストの展示をしててーとか話すと、どんな絵を描くんですか?なんて話も弾んだ。

知り合いに、コミケに出展してる人もいるらしかった。

「がんばってきてねー!」と言われてお店を後にした。

いい会話をさせてもらえると、満足感がありますね。

 

 神徳温泉のある、千林大宮駅は、関西コミティア会場の天満橋OMMビルまで電車で一本、15分強くらい。

インテックスで開催されるときは別だけど、時間つぶしや格好を整えるのにオススメのスポットです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

こういう心安まる場所を、どんどん見つけられるようになりたいですね。

後半は、コミティアが始まってからの記事になります。

 

JUGEMテーマ:お風呂

絵を描けるようになりたいと、初めて思った日の話。

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 22:42

JUGEMテーマ:イラスト

 

 絵を描く人達は、いったい何に影響を受けて絵を初めているんだろうと、思うことがあります。

ツイキャスやニコ生で周りに訊いてみると、多く帰ってくる答えは、

「小さいころから、なんとなく描いていた」という答えが多い。

「好きなアニメ・漫画のキャラを自分も描きたかったから」とかいう答えもあり、

本格的になっていくのも、「美術部にはいった時」とか、

「仕事に付くときに、自分ができることがそれくらいだった」とか、

「人から描いて欲しいと頼まれはじめたから」とか。

そういう話を訊いていると、自分と違う様々な境遇に触れられて、とても面白いなぁと感じます。

自分は、どうだっただろう。

 

「絵を描き始めたい」と思ったのは、絵を始めるよりもさらに前で、高校生のころでした。

当時、ニコニコ動画全盛期。みたらしもこの闇市場のようにあふれるアニメや音楽、

MAD動画をみていたヤングの一人でした。

その日もひまつぶしに音楽を色々と探していたのですが、たまたまある動画と出会ったのです。

 

 

 ネットの各所で拾われた綺麗な背景イラストのスライドショーに、

keyの音楽に参加している水月陵さんによる

切ないピアノ曲が流れているだけの、シンプルな動画。

たったこれだけなのに、与えられた感動は半端なものじゃありませんでした。

(無論今はイラスト無断使用ではあるものの・・・。それでも感動してしまったのは

本当だから難しいものです。ニコニコだからしょうがない 笑)

 

 様々な絵の中にいる、幸せそうな登場人物たち。

音楽は過剰なメロディでもなく引き締まって切ない。

多くの絵の中にあるのは登場人物にとっての日常の風景で、

音楽の演出は、日常の中に美しいものとドラマがあるんだと知らせてくれる。

絵と音楽の相乗効果で、胸がきゅっと締め付けられ、ふと外に出て街を一人で歩きたいような気持ちになる。

当時高校生だったみたらしは、毎日この動画を見て、2,3日に一度はひっそり泣いていたように思います。 

 

 この動画の中に使われてるイラストは、今でも一番の「好き」がつまっています。、

みたらしの3大リスペクトイラストレーター様は、帝国少年さん、天野こずえさん、

よしづきくみちさんですが、全てこの動画に使われていて知った方です。

一番好きなCDアルバムも、ここで使われている「智代アフターアレンジアルバム ピアノの森」ですし、

一番好きな漫画もARIAで、ここにコメントして誰かが教えてくれた漫画でした。

(読み始めたときにみたらしがしたコメントも、動画にまだ残っていますね。)

変わる気配がありません。

 

 絵の主人公たちは、その主人公なりの日常の風景にいてとても幸せそうでした。

その表情も、その風景も自分の周りも捨てたものじゃなく、良い場所や美しい瞬間、

切なくなる時代があると気づかせてくれるようなものでした。

人は自分の今生きる日常は幸せなものではないと思いがちだ、

と当時高校生なりに(ナマイキにも)思って居ました。

下ばかり見ず、目の前と周りと遠くにも小さな幸せはあるよ、と気づかせてくれるような作品達のように思えました、。

自分は、周りの幸せに気づく感覚をこの動画で与えられた、と思って居ます。

それに気づくと、日常にふと涙が出そうな幸せな場所・瞬間はたくさんあるように思いました。

 

 でも、同時に寂しい気持ちになりもしました。この幸せを知っているのは、

液晶の向こうのインターネットにはそこそこにいるようだけれど。

自分の周りにはいないんじゃないかと。

自分も、絵を描けるようになれば、周りもこの幸せに気づいてくれるかな。

誰かとこの気持ちを共有できるかな。

これが創作をはじめる原初のエネルギーだったように思います。

 

 この動画を見て、僕は絵を描けるようになりたいと初めて思ったのでした。

この動画を見なければ、僕は絵を描きたいと思わなかったのです。

そして、僕が絵を描き始めた日からずっとつくりたいと思っているものも、

この動画の中にあり、僕はまだまだそれに向かっている途中なんだと感じます。

それを、この間一度なんとなく形にしてみようかなと思ったのが、こちらのイラスト集販促動画です。

 

 

 最近仲良くなったM竿氏が自身のイラストで動画つくってたので、

完全に影響受けて8月COMITIA後急ピッチでつくりました 笑

(※このブログには、今後も活動で関わった人の名前が出ます 笑)

まだまだ動画編集も、音楽も、なによりイラスト自体もまだまだつたないですね。

一度きちんと作ったら、自分はどういう気持ちになるのだろう。

 

 この動画を高校生のころ見て、多分2、3年くらい経った2011年2月8日、

みたらしは絵を描き始めます。描きたいと思ってから描き始めようと思うまでには、

難しい精神状態の壁があったのですが、その話はまた今度。

 みなさんは、どうして絵を始めようと思いましたか。

良かったらコメントで教えてね。

 

 ここまで読んでいただきありがとうございます。

ちょっぴり傲慢でもありますが、自分もまた、

自分の活動を見た人がどこかに行きたいと思ったり、

何かを始めるきっかけと力添えになれたら。

こんなにも嬉しいことは、ありませんねぇ。

 

東京みたらし

 

*紹介した動画には続編があります。よろしければ。

 


※みたらしはホームページで通販を行っています。

購入して頂けると、みたらしの活動の助けになります。

http://tatsuya353.thebase.in

ブログを始めました。

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 12:59

 はじめましての方は初めまして。知ってる人はこんにちは。

東京みたらしといいます。気軽にみたらしとお呼びください。

風景に佇む女の子の絵を描いていて、ポストカードなどを制作しています。

制作したものは、東京を中心に日本各地で行われてる

COMITIAというイベントに出展し、販売しています。

絵は2011年の2月に始めていて、今年でお絵かき7年目に入りました。


 主にツイッターに生息してイラスト発表をしていますが、

たまに文字数に入りきらないことを書きたくなります。

それは、各地のイベントに行った時に見つけた場所、会った人との会話とか。

語りたがりの性格なので、体験したことは人に話したい!!と思っています。思うのですが。

普段のツイキャスやニコニコ生放送では

描いてるときは上の空だし、作業が目的だしで、

あまり話しきれないことも多々あります。

人間やりたいことは、うまく叶えてあげないと、うっぷんになって生活や性格に悪影響がでることもあると思います。

うまく整理する場所をつくるため、このブログを作りました。


 イラストを描く時の話についてもここでします。自分の絵についてあれこれ言うのは、

本当はあまり好きな方ではありません。

言いたいことがあるから絵にしてるんだと思いますが、口で言うとくどくなりがち。。

だと思うんです。

何をテーマにしたとか、絵のこの子は何を考えているとか。わかって欲しいけど、わかって欲しくない事ってありますよね。。

でも、それを描き始める経緯の体験とかは完全に話したいですよね!!とか相反した感情はありますニコ

結局言わなきゃわかんないことだってありますしね。

絵がうまくなれば、なくなっていくのかもしれないです、が。


 まぁ、まぁ、まぁ。

普段ツイッターでは書ききれない、長文な感情を、記録していく場所になります。

長文もエネルギーと時間がかかるので、更新も不定期です。

忘れないうちに記録したいので、しばらくは過ぎたイベントの感想が並ぶかも。

(その時は、またこの話か・・・と生暖かい目で見守ってください。)

僕が興味のある内容を、書き垂れ流してやりますよー!筋肉

飽くまでお付き合いくださいませ。

よろしくね。

東京みたらし

尾道・ネコノテパン工場前画像は、イラスト『雨の匂い』の元になった、

広島県・尾道市の階段。

友人と弾丸旅行に行ったときに撮った場所です。

イラストはこちら


※ホームページで通販を行っています。購入して頂けると、みたらしの活動の助けになります。

http://tatsuya353.thebase.in

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM